マリモリ|お知らせ|婚活の日

マリモリ・婚活の日アンケート記事のお知らせ

「婚活の日」にまつわる特別アンケート結果発表

報道関係者各位
プレスリリース

トレンドは男女対等化!?婚活ポータル「マリモリ」で
「男女200人の婚活の意識調査」を5/2の婚活の日に公開!

~「高学歴も高年収も強くは望まない」等身大の傾向へ!?~

全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 順之亮)が展開している、地域別婚活情報のポータルサイト『マリモリ(marry morry)』( https://marrymorry.jp/ )では、「5月2日は婚活の日」公式サイトとの連携によって、同サイトが“婚活の日”を記念して実施した「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果を集約。「結婚や婚活を意識する20代~50代の男女」全196名の生の声から現代の結婚観・婚活の実態などについて興味深い傾向を探りだしたレポート記事を2018年5月2日(水)に公開いたしました。
「結婚相手に求めるのは容姿?経済力?」「婚活にかけられる月額は何万円?」などのリアルな傾向が鮮明になりました。

■「結婚相手に求めるもの」は容姿より収入より「まず性格」という結果に

このアンケート調査は「5月2日は婚活の日」公式サイトにおいて毎年公開されているもの。「自分はこの年齢までには結婚したいと思う年齢は?」という質問や「結婚相手を見つけることができそうな出会いの場はどういう場所?」といった質問など、さまざまなアンケート調査が行われています。なかでも興味深い調査のひとつが「結婚相手を選ぶ場合にもっとも重視する資質は?」という質問への回答結果。昨年の調査までは男性が女性に望むものは「容姿」、女性が男性に望むものは「経済力」といった回答が目立っていたものが、この2018年の調査では男女ともに、断トツで「性格を重視する」という回答が多数を占めた結果となっています。

■「女性が男性に望む年収額」は昨年の500~600万円から「400万円」に減!

また「結婚相手に望む年収」の調査では、男性については昨年と同様「とくにこだわらない」という回答が多数を占めましたが、女性が相手の男性に望む年収額は「400万円」が最多回答に。昨2017年の調査で同じ質問を投じた際には女性は「500万円~600万円を望む」という回答がトップを獲っていたのにくらべ、この1年で女性の意識が、「男性の収入に頼らない選択」をする方へ傾いてきた形となっています。記事ではこれを女性の社会進出により、“男女の対等化”が進んだのではないかと分析しています。

■「マリモリ」は日本全国の婚活を考えるすべての人に役立つ情報をお伝えいたします。

「マリモリ」(marry morry)は、2017年7月のサービス開始以来「どこの地域で結婚をするか」ということにこだわる方々に向けて、県別や市町村別など地域に特化した婚活イベントや結婚支援サービスの情報を発信するサイトとして各地方の婚活イベント情報を中心に紹介してまいりました。さらに2018年からは内容を拡張し、「地域に根ざして活動している結婚相談所や仲人をされている方」を紹介するコーナーも新設。婚活希望者の方にご覧いただいて、「この地域にはこういう結婚相談所があるのか」「全国で名を知られている大手の結婚相談所よりここに載っている個人運営の仲人さんの方が、お話がしやすいかもしれない」などと結婚活動にお役立ていただく情報を提供しています。

■「マリモリ」【婚活の日】アンケートレポート記事URL: https://marrymorry.jp/event/5834/

【会社概要】
会社名:全研本社株式会社
代表者:代表取締役社長 林 順之亮
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ
設立 :1975年(昭和50年)5月2日
資本金:56,050,000円
全研グループ資本合計:1,003,430,000円
オフィシャルHP:http://www.zenken.co.jp/
新卒中途採用HP:https://www.zenken.co.jp/recruit/

PAGE TOP