5月2日は婚活の日

「婚活の日」アンケートレポート2018をご紹介

「婚活の日」にまつわる特別アンケート結果発表

「5月2日」の婚活の日にちなんだ「婚活意識調査アンケート」の結果をご紹介。婚活についての最近の意識傾向がわかりました。

いまの婚活トレンドは男女対等化と性格重視!「婚活の日」特別アンケート結果。

5月2日の「婚活の日」を記念して毎年行われている婚活意識調査アンケートがGW突入直前の2018年4月下旬に実施され、世の中の男性・女性が思い描いている「婚活についての想い」の、2018年の傾向が判明いたしました。

この意識調査は、正式には「結婚と婚活に関するアンケート2018」と題されたもので「5月2日は婚活の日」公式サイトを運営する婚活推進委員会が実施。同委員会が「もっと多くの人に、豊かな婚活をしてほしい」「5月2日の婚活の日をひとつのきっかけとして、婚活をもっとポジティブに推し進めてほしい」という気持ちから毎年行っている調査です。調査対象は20代から60代までの男女全196名。インターネットでのアンケート回答によって調査されました。以下、その内容をご紹介いたします。

アンケート調査対象の年齢構成

 

婚活の日とは
「5月」の「ゴ(コ)」と「2日」の「ツー」の語呂合わせから5月2日がその日であると定められた正式な記念日です。(2009年に日本記念日協会から正式認定をされています)
公式HPでは、「婚活の日は、今年中に結婚するぞ!とあらためて婚活をがんばることを誓う日」と定義づけられています。

 

「自分が結婚したい年齢」はやはり30代がだんとつでトップ!

『自分はこの年齢までには結婚したい、という年齢はいくつですか』という質問では「30歳」「35歳」という回答が多く、回答者全体の7割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えていました。20代と答える人が思った以上に少なかったのが印象的です。仕事にも打ち込みたいし、結婚という形で“身を固める”のはやはり30代。でも40代まで引っ張るのは、少々勇気がいる…という想いが表れたものでしょうかね。

「結婚したい年齢」についての調査結果

 

「結婚相手に求めるもの」はもはや学歴でも収入でもなくなっていました

『結婚相手を選ぶ際にもっとも重視するものは?』という質問では、男性・女性ともに、圧倒的に「性格」という回答が多く、男性では7割、女性ではなんと8割の人がこの選択肢を選びました。
アンケートの選択肢には、その他に「学歴」「職業」「容姿」「経済力」…といった選択肢が用意されていたのですが、高学歴や収入の高い職業もしくは安定性の高い職業といったものは、もはや重視されない時代となっていることがわかります。「その他」として回答してくれた人の中でも「フィーリング」「価値観」といった回答も目立ち、いわゆる“スペック”ではなく、いっしょに人生を過ごしていくための「その人の中身」で相手を選ぶ傾向があるようですね。「俺は/私は、中身で勝負よ!」という人にもモチベーションがあがるトレンドかもしれません。

「結婚相手を選ぶ際に重視する要素」についての調査結果

 

相手に求める収入は男性は「こだわらない」、女性は「400万円」。

『結婚相手に望む年収は?』という質問では、また興味深い結果が出ました。男性が、相手の女性に望む年収額での最多回答は「こだわらない」でした。。男性回答者の半数弱が、この選択肢を選んでいます。この回答はここ数年、変わらない内容です。「好きになった女性と一緒になれるなら、生活は男の自分がなんとかする」という想いが働いていると推測されます。一方、女性の最多回答は「400万円」。この額だけを見ると、まあそのくらいかな、という気もする数値ですが、実は、昨2017年に行ったアンケートの同じ質問で得られた女性の最多回答は「500~600万円」でした。「女性が結婚相手の男性に望む年収額」がこの1年間でかなり減額していることになります。女性の社会進出が進み、男性に高収入を望まない、場合によっては「私も稼ぐからいっしょに暮らしていきましょうよ」という想いが出ているのかもしれません。傾向は、「男女対等化」へ向かっていると分析することもできそうです。

「結婚相手に望む年収」についての調査結果

 

婚活にかける月額は男性も女性も「1万円」。これ、高い?安い?

『婚活のために使える金額(払える金額)は、月額いくら?』という質問にもお答えいただきました。これは、婚活サイトやマッチングアプリや結婚相談所などに払う月会費、あるいはお付き合いし始めた後のデート経費、プレゼント経費なども含めた金額についての質問です。選択肢は「5千円以下」「1万円」「2万円」「3万円」「5万円以上」の5択。結果としては “かなり均等にばらけた回答” ということになりましたが、僅差で「1万円」がトップとなりました。5万円以上という回答も2割近い人が選択していたのが印象的です。あなただったら、いくらくらいでしょうか。

「婚活にかけられる月額」についての調査結果

 

意外と現実的な側面が見えた気も…地域別の意識も見たいですね。

「婚活の日」公式サイト( http://www.konkatsu52.com/ ) で実施された今回のアンケート調査ではこのほかにもさまざまな結果が示されていますが、全体として見ると、結婚や婚活に夢や幻想を抱くのではなく、極めて現実に即して、「一緒に結婚生活を過ごすうえで大事な本質」を見極める人が多いことがわかるような気がしました。その目的をかなえる手段として、「結婚相談所」や「婚活イベント」を利用することも抵抗なく採り入れている様子が読み取れる調査結果もありました。
地域に特化した婚活イベント情報を発信しているマリモリとしても、そうした結婚希望者のみなさまにさらに役に立つ情報をご提供していきたいと思っています。マリモリ独自の調査で、全国の各地域ごとの意識調査なども、また機会をみて企画していきたいと思っています。

神奈川県三浦市「農業男子と婚活」7/28

兵庫県豊岡市「地産地消ランチ交流会」5/20

関連記事

  1. 長野県木祖村「同年代同士で恋活」4/30

    27歳~38歳の男女集まれ!まずは気軽にお友達から☆ちょっぴりお洒落して出会いを見つけに行きましょう…

  2. 岡山の『ル・メルシェ』でXmas婚活!12/9

    きらびやかなウェディングスペースで素敵な人に出会う!クリスマス直前の婚活パーティー素敵に着飾って…

  3. 岡山県高梁市「マンガde愛」婚活!11/19

    趣味が同じだからこそ芽生える恋がある?!マンガを語り、恋を語る交流会へGO!“好きな人”同士…

  4. 福島県玉川村「ひな祭り交流パーティー」3/3

    ブッフェ形式のこだわりのランチ付き♪手相占いやカラーセラピーで素敵な人との距離を縮めよう♥おしゃ…

  5. 茨城県北茨城市「秋の婚活パーティー」11/23

    日本美術の大家たちが愛した海と松林を眺めながら、素敵な出会いのパーティーを!太平洋を望む美しいホ…

  6. 兵庫県佐用町「恋もみじ婚活」レポート

    人気の古民家カフェでランチを楽しみ、お寺でもみじ鑑賞をする婚活イベントが開催されました。「う…

  7. 栃木県栃木市で「カラオケ婚活」4/14

    カラオケで婚活☆のど自慢な人もそうでない人も、楽しく歌って運命の出会いを見つけよう♪歌で出会いを…

  8. 「出逢えるTatton」 in 気仙沼大島(宮城県)

    宮城県・気仙沼沖の島で「綿を栽培」する画期的な婚活イベントへ震災復興の一環で「綿花栽培」を行…

PAGE TOP